事業についての考え方 Business

美観地区から、これからの百年の豊かさを創る

行雲の大きな特徴の一つが、倉敷美観地区という日本の中でもかなり特殊な場所に本社や店舗があること。

美観地区という場所の大きな特徴は、以下の二つです。

  • 江戸時代の町並みを、民間側の働きかけを契機として今も残していること
  • 西洋の美術や建築、国内の民藝運動など、当時の世の中で新しい考えをとりこんで育まれていること

情緒ある町並みに加えて、進取の気性に富んで育ってきた町でもあります。

私たちも、古くからの伝統や文化を大切にしながら、それと同時に新しいものをとりいれてこれからの時代の指針となるものを生み続けることを社是としています。

ローカル × クラフト × クリエイティブ

私たちが事業を行うにあたって、私たちが指針にしていること、そして強みにしていることは、以下の三つです。

株式会社行雲の強み(ローカル、クラフト、クリエイティブ)

ローカル(Local)

私たちの強みでもあり、最も大事にしたい場所でもある、倉敷の美観地区。

その美観地区を拠点にし、地元の良いところを活かしながらその価値を広く伝え、地元に貢献する事業を目指しています。

『カフェ有鄰庵』では、地元の食材をつかったお食事をたくさんの方に食べていただくことを。
『暮らしの宿 てまり』では、倉敷での滞在をより心に深く刻まれる体験にすることを。
『美観堂』では、地元の資源、文化、技術が詰まったものの価値を伝え、それを作り手に還元することを。

「まずは身近な人たちを大切にする」ということが「心の豊かな暮らし」につながる大切な要素であると考えています。

クラフト(Craft)

大量生産と大量消費を良しとする時代は、とうに終わっています。

私たちは、良い品質のものを、なるべく広く伝えたいと考えています。

大量生産ではない、けれどごく限られた人にしか届けられない一点モノでもない。

その間にある「高品質な中量生産」を目指し、丁寧なものづくりをしながらも、それを最大限広められる地点を探し続けます。

クリエイティブ(Creative)

新しく生み出し続けられない会社と地域は、やがて死に絶えていきます。

私たちは「創る」ことをずっと考えています。

事業や商品も、そして働き方や組織づくりも。

がちっとした計画は立てない。しなやかに考える

私たちは、がちっと作り込んだ計画を立ててそのとおりにやる、という形は採ってきていません。

この5年間の事業の変遷、実績

そのようにしなやかに考え、時には人との偶然の出会いによって生み出され、またその後も必要に応じて少しの業態転換(ピボット)を行ってきた事業たちをご紹介します。

多くの新規事業について、立ち上げからそれほど時間をかけずに単月黒字化を達成できてきています。

もちろん立ち上げ前にしっかりした準備と計画を立てることも必要ですが、それ以上に立ち上げた後の改善のしなやかさとスピード感が大事だと考えています。

美観堂(2017年6月〜)

はれもけも(2017年10月〜)

暮らしの宿 てまり(2018年6月〜)

焼き物・製陶事業(2019年4月〜9月)

地域商社事業(2019年4月〜)

Bricole(2019年10月〜)